∞ 夢幻無限 ∞


夢幻の向こうの現実ワールド☆
by komal-j
プロフィールを見る
画像一覧

<   2005年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

shanti

b0011287_443739.jpg

[PR]
by komal-j | 2005-01-30 04:43 |

お水さん ありがとう

b0011287_2432119.jpg

総てが きらきら していた。
[PR]
by komal-j | 2005-01-30 02:43 |

b0011287_2523090.jpg
大韓航空に乗っている。突然、機内アナウンスが流れ、今から緊急着陸して自国のスパイを拾うという内容で、機内はざわめくが人命救助ということで落ち着く。
やがて 飛行機は下降し、どこかの夜の空港に着陸し すぐ離陸した。 スーツを着たOL風な女性達が乗ってきた。
ほどなく 飛行機は韓国の空港に着き トランジットルームで乗り換え便を待つのだが、なぜかボロボロの服の子供たちが物売りに来て、付きまとわれてしまい、私のNOという声がイラつきを含んで大きくなると、職員がやっと気づいて、子供達を追い出す。子供達は、売りつけようとしていた頭蓋骨を忘れて逃げていってしまった。それは小さな骨だが、顎が外れ、歯は、虫歯治療の跡がいくつか見られるものだ。
[PR]
by komal-j | 2005-01-29 02:52 |

貴船

b0011287_332697.jpg

[PR]
by komal-j | 2005-01-28 03:03 |

八瀬

b0011287_213760.jpg
さすが?比叡山麓。なんか違う。
池のまるまり太った鯉はイルカのようにいきなりジャンプ、
遠くで 何かの鳥がクェェ〜!!と叫んでたり、犬の遠吠えも野生ぽい。
しかも、鳶か鷹か判らないけど、鳩の集団にちょっかい出していた。
道端には猿に餌をやるなという内容の看板が錆びていて、夜中はイノシシとか道路を走ってそうな 奇妙に動物元気な場所でした〜…。
[PR]
by komal-j | 2005-01-24 21:03 |

またしても、山の中。
b0011287_16332.jpg

狭い山道を数人で歩いている。
暗すぎて誰だか、何だか判らない。
犬にしては大きい影も一緒に歩いている。
多分、、虎。
[PR]
by komal-j | 2005-01-23 20:04 |

 映画 「午後の五時」+「ハナのアフガンノート」

イランの巨匠モフセン・マフマルバフの娘、サミラが、タリバン政権崩壊後、女性にも就学や就労が認められ始めたアフガニスタンの女性に焦点をあて、一人の女性の大統領になりたいという希望と現実を描き出した作品「午後の五時」と、サミラの妹、13才のハナが、映画の出演者探しのサミラとアフガンの人々を撮ったドキュメンタリー。
この2本はセットで見なきゃダメ☆
「午後の5時」は、記号としてのパンプスが強調されすぎて、私的には、うっとおしかったけど、主人公の父役がイイ感じの優しいおじいちゃんで、疲弊したアフガンの人々をうまく表していたと思う。
風景や出てくる人々がインドとかなり似てて、懐かしかった。
「ハナのアフガンノート」は、タリバン時代のトラウマを抜けだせない世間の陰に怯えて、映画出演を断る人々と、一生懸命説得しようと頑張っているサミラを素直に捉えた作品でした。人々のジェスチャーがインド人と似てました。ただ、寝ないで見に行ってしまったので、インドと似てる〜と思いながら寝てしまいまシタ。私にとってはカルチャーショックじゃなかったし。。。
[PR]
by komal-j | 2005-01-19 21:39 |

b0011287_16343837.jpg
夢の中では何度も来たことある、岩が沢山露出している谷に, 自転車で来てしまっている。夕暮れだったので、どんどん陽が斜めになり、 その光と岩陰で、岩に様々な彫刻が掘られているのに気がついた。どうやらここは石窟寺院の跡みたいだ。そして岩や山は、ネパールやチベットのタンカの岩や山の描き方のと同じもので感動する。

あと居ないはずの知り合いの姉がでてきたり
あり得ない事や矛盾が普通なので夢は 楽しいデス。
ま、現実も矛盾だらけだけどね。
[PR]
by komal-j | 2005-01-19 16:34 |

ルイ(かなりデカイ鯉)

b0011287_17501719.jpg

スパイスで匂いは抑えられていますが、墨汁の様な香りがシマス。
[PR]
by komal-j | 2005-01-18 17:51 | 食べもの

Ajanta vs Kerara

最近行った河原町辺りのインド料理屋さんランチ。
私的には 値段(両方800円前後ダケド〜)と料理を総合判断すると、断然Kerara が好みでした☆
ただ、Ajanta は ムンバイ出身のインド人家族がやってるみたいで、ウェイターも 素直な男の子とインド的天然ボケなお母さんがやってて、インドの雰囲気を懐かしむなら かなりお勧めデス!
テレビはヒンディーポップスのミュージッククリップを流してるし、メニューにインド菓子のグラブジャム[二個四百円]と、ロサゴッラ[二個四百円]があって懐かしい雰囲気☆

あの辺り発見してるけどランチ行ってないインド料理屋が三軒あります。三条のスジャータは 夜食べて イマイチだったし、四条通りのと、ムガールにランチ行かなくては〜…。
[PR]
by komal-j | 2005-01-16 23:17 | 食べもの

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧