∞ 夢幻無限 ∞


夢幻の向こうの現実ワールド☆
by komal-j
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:∞( 56 )

核実験 2,099回

今日は、広島の64回目の「原爆の日」

朝のNHKの中継で、原爆資料館に核実験の時計?みたいなのが設置されていた。それは、核実験があるとリセットされ、実験から何日たったかを表示している時計で、映像では最新の核実験から72日(…多分)と表示されていた。

それで、ふと、今まで核実験って何回あったんだろうと検索したら、なんと2099回!
広島平和記念資料館HPより

500回くらいかな〜と思っていたので、ショックだった。

ちきゅ〜〜〜…大丈夫なの??
[PR]
by komal-j | 2009-08-06 18:58 |

孔雀のオシリ

羽を広げた華麗な孔雀…の、正面図しかしらなかったけど、
後ろ姿はこうなっていた☆


b0011287_1957926.jpg

[PR]
by komal-j | 2009-06-20 19:57 |

生きるって

生きている事が目的である、と言い切れる、サバイバルな環境で生まれ育った訳ではないからか、ふとふと人生ってなんだろう?と、頭がとらわれてしまう事がある。
そんな答えがでないことを考えるだけの余裕があるということなのだろうか?
地球の歴史から見たら一瞬の雨粒の如くな人生だけど。



[PR]
by komal-j | 2009-06-17 23:53 |

かわいい京町屋

前、烏丸辺りを迷っていたら、すごく可愛い建物を発見。
町屋造りダケド、珍しく壁はおちついた朱色だし、
はめこまれているガラス部分が凝っていてカワイイ!
狛犬?も、生き生きと飾ってある☆

b0011287_933737.jpg
b0011287_9332057.jpg

[PR]
by komal-j | 2009-05-29 09:37 |

さくらんぼ

b0011287_1332819.jpg

哲学の道沿いの桜には、
サクランボがたくさん実っていた〜〜☆
桜も、実がなる品種とならない品種があるんだろうな。
[PR]
by komal-j | 2009-05-25 01:32 |

ミドリフグが景品に。

b0011287_12475937.jpg

ゲーセンの前を通りかかったら、UFOキャッチャーの前にミドリフグが居た。
餌もほとんど与えなくてよいし、水換えも不要で飼い易いという張り紙。

可愛くて、客寄せ&売り上げに貢献してくれるだろうけど、
せめてフグの命の事を考えてちゃんと買おうとするなら、
それなりの設備は必要らしい。

「殺しちゃった」事に気づかずに、「死んじゃった」という台詞が、
フグの行く先で呟かれるんだろうな。
無知であることの残酷さは、
無垢な純粋さとして 赦されるのだろうか?

小さな水槽から眺める街の景色は、
フグにはどのように映るのだろう?

ミドリフグ基礎知識や特徴
[PR]
by komal-j | 2009-05-09 13:05 |

のうみそって すごいね

--------

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく

--------

ネットでみつけた文章
ちゃんと読めちゃったよ☆
脳味噌の認識能力って 凄いんじゃん!
[PR]
by komal-j | 2009-05-08 09:42 |

若草

b0011287_1165739.jpg
b0011287_117254.jpg
b0011287_1162511.jpg

東京に居た頃、新緑のこの季節が嫌いだった。
新緑の、蛍光色にも劣らない黄緑色の生命力が怖かった。
数年が経った今、その力強い色彩に癒されている自分がいる。
[PR]
by komal-j | 2009-05-01 01:20 |

萌えウォーズ

“あきたこまち”の萌え画を描いた西又葵さんに、ジョージ・ルーカスからスター・ウォーズのオファー

痛いニュースに
オドロキな記事が…。
マジですか?
そういうの
趣味だったんですか?
きっと、萌系で 
新たな購買層を
獲得しようとゆー
魂胆ですな〜。
…って、思いたい。
でもでも、
萌えウォーズは、
私のあたまでは
想像できなくて、
ちょっとワクワク☆
[PR]
by komal-j | 2009-04-21 12:13 |

薄紅色の花びら一枚の厚みのおはなし

今年も、世界が桜色に包まれた瞬間が過ぎ去った。
この世が斜陽の暖色に包まれる時間は
恐ろしく素早く 素晴らしく
桜の表情を変えていった。

一瞬にして移り変わる光の空間に佇んで、
自分の小ささや、空の高さや、風が吹いてくる先や、
照らされる世界の美しさに呆然としていた。

また夏が来るなぁ
b0011287_3132318.jpg
b0011287_314113.jpg

[PR]
by komal-j | 2009-04-16 03:14 |

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧