∞ 夢幻無限 ∞


夢幻の向こうの現実ワールド☆
by komal-j
プロフィールを見る
画像一覧

 映画 「午後の五時」+「ハナのアフガンノート」

イランの巨匠モフセン・マフマルバフの娘、サミラが、タリバン政権崩壊後、女性にも就学や就労が認められ始めたアフガニスタンの女性に焦点をあて、一人の女性の大統領になりたいという希望と現実を描き出した作品「午後の五時」と、サミラの妹、13才のハナが、映画の出演者探しのサミラとアフガンの人々を撮ったドキュメンタリー。
この2本はセットで見なきゃダメ☆
「午後の5時」は、記号としてのパンプスが強調されすぎて、私的には、うっとおしかったけど、主人公の父役がイイ感じの優しいおじいちゃんで、疲弊したアフガンの人々をうまく表していたと思う。
風景や出てくる人々がインドとかなり似てて、懐かしかった。
「ハナのアフガンノート」は、タリバン時代のトラウマを抜けだせない世間の陰に怯えて、映画出演を断る人々と、一生懸命説得しようと頑張っているサミラを素直に捉えた作品でした。人々のジェスチャーがインド人と似てました。ただ、寝ないで見に行ってしまったので、インドと似てる〜と思いながら寝てしまいまシタ。私にとってはカルチャーショックじゃなかったし。。。
[PR]
by komal-j | 2005-01-19 21:39 |

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧